読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポリプPの飼育日記

ゴキブリを飼っている。

大量死の予兆

 

虫をコロニーで飼育していると、全滅する予兆とも言える臭いを感じることが多多有る。

デュビア(Blaptica dubia)は酸味が強く、甘ったるいような臭いがすると近いうちにそのコロニーは壊滅する傾向にある気がする。

 

そして現在このケースからその臭いがしている。

f:id:polipG:20170519002307j:image

このケースはオークションに出品するためにデュビア成虫を53ペア詰めたものであるのだが、このケースだけ例の臭いが発生した(他に詰めた二ケースからは発生していない)。

 

中はこのような感じ。
f:id:polipG:20170519002514j:image

見た目に変な所は無い。

 

この中から雄10頭雌20頭を選別して別のケースへ移動させる。

f:id:polipG:20170519002915j:image


 写真では分かりづらいが、雌の腹が全員少し長めになっている。ただ、餌を食べた直後なのでこれが直接の原因なのかは不明。

f:id:polipG:20170519003258j:image

 


f:id:polipG:20170519003315j:image

そして本ケース(一番数が多いケース)から雄5頭雌5頭幼虫5頭を取り出し、一緒に飼育する。

 


f:id:polipG:20170519003420j:image

左が異臭のするケース(56匹)

右が混合ケース(45匹)

対照実験としては穴が多いが、とりあえず簡単な検証からゆっくりと始めていこうと思う。結果が出たらまたこのブログでお知らせします。